Julie Otsuka

„ Wovon wir träumten“

Dass in der Vergangenheit viele Japaner aus wirtschaftlicher Not ihr Land verließen, wird oft vergessen. Man lockte sie mit – meist leeren – Versprechungen in die unterschiedlichsten Länder. So waren die USA ein beliebtes Auswandererziel. Der Traum endete meist im Getto, die Männer wurden vorwiegend im Obst- und Gemüseanbau in Kalifornien ausgebeutet. Für diese Männer wurden von findigen Heiratsvermittlern Frauen in Japan gesucht. Zwischen 1908 und 1920 reisten diese so genannten „picture brides“ per Schiff nach Amerika. Während auf der Überfahrt freudige Erwartung, aber auch Bangen herrschten, machte sich nach der Landung Ernüchterung breit. Die Frauen schufteten entweder auf den Plantagen wie ihre Männer oder arbeiteten in weißen Haushalten. Sie lernten die englische Sprache nicht und blieben so immer Außenseiter. Mit der Situation arrangierten sie sich, doch nach dem Angriff der Japaner auf Pearl Harbor geriet ihr Leben aus den Fugen. Zunächst gab es nur nächtliche Ausgangssperren, aber am 7. Mai 1942 begann die Evakuierung sämtlicher Japaner. Sie wurden in Lager im Landesinneren gebracht. Zuletzt lebten dort fast 110000 Menschen.

Durch ihre eindringliche Sprache bringt uns Julie Otsuka die Welt dieser Frauen nahe. Die Sätze sind kurz, die Wortwahl einfach. Vieles gewinnt durch Wiederholungen an Intensität. Obwohl man dieses knapp 160 Seiten starke Buch rasch gelesen hat, lässt es den Leser lange nicht los.

Julie Otsuka: Wovon wir träumten, Hamburg: mareverlag, 2012, ISBN 978-3-86648-179-4

 

von Ulrike Ketel

ジュリー・オーツカ 著

「私たちが夢見たこと」

かつて生活苦から多くの日本人が母国を離れたことは、ともすれば忘れがちです。甘い誘いーその多くは空約束でしたがーありとあらゆる国へと渡っていったのです。そのなかでアメリカは人気のある移住先でした。その夢はたいていゲットーの中で終わり、ほとんどの男性はカリフォルニアの果物や野菜の耕作地で搾取されていました。この男性たちの為に抜け目のない結婚紹介業者が日本にいる花嫁を斡旋しました。1908年から1920年の間にいわゆるピクチャーブライド「訳注:写真(だけで)花嫁(となる縁談)」と呼ばれる女性たちが船でアメリカへ渡りました。渡航中、彼女たちの胸中には期待と不安が入り混じっていましたが、上陸してからは、深い幻滅を味わいました。女性たちも彼女たちの夫たち同様農園でこき使われるか、白人の家のお手伝いとして働かされることになりました。英語を覚えなかった彼女たちは、いつまで経ってもアウトサイダーでした。こういう状況のなかでもそれなりに順応して暮らしていましたが、日本がパールハーバーを襲撃してから、彼女たちの生活は崩れ落ちました。

 

最初は夜間の外出禁止だけでしたが、194257日からすべての日本人の強制収容が始まりました。彼らはアメリカ内陸部の強制収容所に入れられました。最終的にはそこに収容された人の数は110,000人にも及びました。

 

心に迫る言葉でジュリー・オーツカはこの女性たちの世界を私たちに伝えてくれます。簡潔な文章で平易な言葉を用いて書かれています。繰り返し語られる中で、多くのことが、よりいっそう強烈に伝わってきます。160ページ足らずのこの本は一気に読み終えてしまいますが、いつまでも読者の心をとらえて離しません。

 

Julie Otsuka: Wovon wir träumten, Hamburg: mareverlag, 2012, ISBN 978-3-86648-179-4

ジュリー・オーツカ: 英語版 "The Buddha in the Attic“ (屋根裏部屋のブッダ), Anchor, 2012, ISBN: 978-0-307-74442-5

 

ウルリーケ  ケーテル

訳  メッツ岡 真理子

Das deutsch-japanische Online-Magazin

日独オンラインマガジン

Sushi und Sauerkraut

寿司とザワークラウト

Abonnement des Newsletters mit dem Kontaktformular

 

ニュースレターの配信を希望される方は、お問い合わせ欄より「ニュースレターの申し込み」を選択し、「送信」してください。